2007年11月06日

クリスマスケーキ

ブッシュ・ド・ノエル

「クリスマスケーキ」
といえば
「ブッシュ・ド・ノエル(Buche de Noel)」のことだと思います。
意味はフランス語で「ブッシュ」は薪、
「ノエル」はクリスマスを意味し、
ようするに「クリスマスの薪」となります。


なぜ「薪」なのかというと
諸説あるようですが、代表的なのは「キリストの誕生を
祝った時に、夜通し暖炉で薪を燃やしたことに由来しているという説」や、「クリスマスを控えた貧しい青年が、せめてもと、薪の一束にリボンをかけて、恋人に贈ったというちょっとロマンチックな説」のようです。

しかし、私は
北欧神話の「樫の薪を暖炉に燃やすと一年中無病息災でくらせる」という説が好きです。家族のことを思って心をこめて作るというのはクリスマスらしくていいと思いませんか?


クリスマスケーキ
を家族だけで食べるなら、ブッシュ・ド・ノエルのようなケーキでもいいと思うけど、大人数のパーティーとなると別のものを用意してもいいと思います。
自分の好みに合わせて選べるようにショートケーキやプチケーキを並べるのもいいのでは?

イチゴのショート
チョコレートケーキ・モンブランなど、クリスマス用にデコレーションされたケーキも多数作られています。
お店で買ってくるのもいいし、手作りするなら、子供たちに自分の分のデコレーションを手伝ってもらうのも楽しいですね。

作り方に不安がある人も
クリスマスケーキの作り方」で
検索すればたくさんの種類のレシピが
わかります。

プロ並みのものから
子供でも作れる
簡単レシピまで、それぞれの状況に
合わせて知ることができます。

今年は、手作りの
クリスマスケーキ

挑戦してみてはどうですか?
そのときにはぜひ子供たちも一緒に
参加できるように、楽しい声が
聞こえてきそうですね。
posted by noeru at 00:34 | TrackBack(0) | クリスマスケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。